建設業許可に関する基礎知識や要件、手続きに関する情報です。
ご不明点があれば、お気軽にお問い合わせください。

知事許可と大臣許可の違いって何?

建設業許可は許可を出す行政庁によって都道府県知事許可、国土交通大臣許可にわけられます。

都道府県知事許可は、営業所の所在地を管轄する都道府県知事が許可を行います。
国土交通大臣許可は、本店の所在地を所管する地方整備局長等が許可を行います。

どちらの許可に該当するかは、営業所の所在地によって決まります。

目次

  1. 1つの都道府県にのみ営業所がある場合
  2. 2つ以上の都道府県に営業所がある場合
  3. 営業所が1つの都道府県内に複数ある場合
  4. 愛知県知事許可だと愛知県内でしか工事はできない?
  5. 営業所について
  6. まとめ
  1. 1つの都道府県にのみ営業所がある場合

    都道府県知事許可となります。
    営業所が愛知県内のみの場合は、愛知県知事許可となります。

    tijikyoka_01

  2. 2つ以上の都道府県に営業所がある場合

    国土交通大臣許可となります。
    主たる営業所が愛知県内にあり、従たる営業所が静岡県にある場合など。

    tijikyoka_02

  3. 営業所が1つの都道府県内に複数ある場合

    営業所が複数あっても、1つの都道府県内であれば都道府県知事許可になります。

    tijikyoka_03

  4. 愛知県知事許可だと愛知県内でしか工事はできない?

    この許可の区分はあくまで営業所の所在地によるものなので、営業を行う区域 や建設工事を施工する区域に制限があるわけではありません。
    愛知県知事許可業者は、北海道から沖縄まで全国どこでも建設工事の営業・施工を行うことが可能です。

  5. 営業所について

    ここでいう営業所とは本店や支店など建設業に関する請負契約の締結などを常時行う事務所をいいます。
    下記については営業所には含まれません。

    • 実体のない登記上の本店
    • 資材置き場
    • 臨時の工事事務所
    • 建設業と関係のない業務をおこなっている事務所

  6. まとめ

    • 営業所が複数都道府県にあるかどうかで知事許可か大臣許可に決まる。
    • 知事許可だからといって営業範囲が限定されるわけではない。

建設業許可・経営事項審査についてもっとよく知りたい方はこちら