愛知県内の建設業許可を中心に、許認可手続きの申請に伴う書類作成や申請代行をメイン業務としています。
お客様にとっての最適なサービス、わかりやすい説明、誠実な対応を心掛けて業務に取り組むことをお約束します。

事務所名 なごの行政書士事務所
代表者 鈴木貴善
所在地 〒451-0031 愛知県名古屋市西区城西3-13-22
連絡先 TEL 052-325-4921 FAX 052-325-4941
Mail info@kensetsu.nagoya
平日/土、祝日 朝8時から夜22時まで
※原則、日曜日はお休みですが、事前にご予約頂ければ面談、ご相談対応可能です。
メールでのご相談・お問い合わせは、24時間受付中です。

名前 鈴木貴善
生年月日 昭和55年生
所属 日本行政書士会連合会 愛知県行政書士会
資格 行政書士(登録番号 14190045号)
2級建設業経理士
経歴 愛知工業大学工学部経営工学科卒業後、東京にて
キックボクシングのプロ選手として6年間活動。
30歳で引退後、アパート・マンション大家業を始め、
現在2棟33戸を自主管理。
33歳、なごの行政書士事務所を開設。           
建設業許可業務に専門特化。関与先建設業者多数。

MERIT「羽根ペン」をモチーフにしたシンボルマークです。
誠実で迅速な対応、面倒な案件も快く引き受けてくれる存在、
難しい内容にも精通していて安心して任せられる存在、
そんな士業をイメージしたデザインです。

弊所ホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
なごの行政書士事務所の鈴木と申します。
弊所は愛知県内の建設業許可を中心に、許認可手続きの申請に伴う書類作成や申請代行をメイン業務にしています。
建設業許可は、許可取得のための要件がいくつかあり、それらを満たしているかどうか、満たしていない場合は満たすためには
どのようにすればよいか、といった判断の他、申請するために作成すべき書類も膨大で、公的証明書類取得のために日中に役所
回りをしなければなりません。
また、許可取得後も、毎年の決算変更届や、5年ごとに許可の更新も必要です。

これらの手続きを建設業者様が本業を行いながら手続きをするのはとても手間がかかり煩わしいことと思います。

建設業者様に本業に専念して頂くために、建設業許可の取得のための作業を
すべてプロである私にお任せ下さい。
ご相談はもちろん無料!
お客様の元まで伺います!
もちろん夜間でも構いません!
明瞭会計!○○円〜、という料金表示は致しません!

許可が取得できた場合のみの、成功報酬制です!

1人でも多くのお客様とお会いできることを楽しみにしております。

僭越ながら私の自己紹介をさせていただきます。
愛知工業大学工学部経営工学科に入学後、キックボクシングという格闘技に魅了され、学生時代は、キャンパスライフの記憶がほぼないくらい、キックボクシングジムでの練習とアルバイトに明け暮れました。

大学を卒業後、東京にて2004年10月にキックボクシングのプロ選手としてデビュー(2RKO勝ち)しました。
ファイトマネーだけでは生活していくことは出来ず、日中仕事をした後、終電間際まで練習という日々。
格闘技というスポーツは勝敗が白黒ハッキリつく事がほとんどで、3勝(3KO)6敗1分という散々な成績、無名の選手のまま引退することになりました。
ジムの同期の仲間達が日本ランキング入り、日本王者として駆け上がる中、私自身は結果が出ず、選手としての能力の限界を嫌というほど思い知らされました。
現役中はまさしく忍耐、挫折の連続でしたが、生涯忘れることの出来ないかけがえのない時間を過ごす事が出来ました。

選手引退後、地元愛知県に戻り、縁あって賃貸マンションの大家業(自主管理)をすることに。
空室率65%、家賃滞納者もチラホラ、まともな契約書が存在しない入居者様、夜逃げされてズタボロの荒れ果てたお部屋、雨漏りするお部屋、ゴキブリがたくさんひっくり返ったお部屋(笑)、、そんなマンションを1室ずつ掃除することから始めました。
お部屋の掃除から始まり、滞納家賃の回収、物件ホームページの作成、仲介会社様への営業を行う中、最初は経費削減のために、原状回復リフォームまでDIYで全て自分でやってやる!という甘い考えがありましたが、
「畳のお部屋ををフローリングに変えるのはどうやるんだろう・・・?」
「この和式トイレを洋式トイレに変えるのはどうやるんだろう・・・?」
「この繊維壁をクロスのお部屋にしたいんだけど、どうやるのだろう・・・?」
と色々調べているうちに、任せるべきものはプロに任せて早く入居者様を募集したほうがよい、という当たり前の結論に至りました(汗)

大工さん、左官屋さん、内装工事屋さん、塗装屋さん、防水業者さん、清掃業者さん、水道業者さん達のプロのお仕事を間近で拝見して、とても頼もしく感じました。
現在は空室もほとんどなくなり、日々、入居者様に感謝して、時に格闘して!?(笑)、呼ばれたらすぐ駆けつける(夜中に呼ばれることもごくごく稀にあります・・・)、フットワークの軽い大家さんとして現在も奮闘中です!

そして、大家業も少し落ち着いた頃、33歳で行政書士として新たにチャレンジすることにしました。
建設業許可業務の専門家となるべく、建設業界に関する情報や知識を日々積み重ね研鑽しています。同期の同業者達が異業種交流会などで営業活動などをしているのとは対照的に、WEB広告に特化した広告宣伝に資金を投入していき、その結果多くのお客様と出会えることができました。
許可取得の難易度が高い様々なケースも数多く経験し、役所と折衝を重ねながら建設業許可申請の専門家として実績を日々積み重ねています。
業歴は決して長くないですが、自信をもって「建設業許可専門の行政書士」と言えます。 スピーディーに、正確に、誠実に、業務を完遂することをお約束します。

建設業許可・経営事項審査についてもっとよく知りたい方はこちら